-

車での事故があった場面で自身が車の事故の被害者でも事故を起こした人が間違いをちっとも容認しない状況は多く聞くことがあります。例えば、故意にではなく少し他のことに気がいったことで乗用車をぶつけられた場合などに、そうした争いに発展する可能性がありえます。だからと言ってそこで車のみの事故処理されて忘れた頃に後遺症が出た時に証拠となる診断書提出するのでは対応が遅れる感じは仕方がなくなってしまいます。それなら、自動車事故の過失割合の決定にはどういう風な基準が設定されているのでしょうか。しっかりと言いますと、警察が決定するのは核として自動車の事故の原因があったのはどちらかという責任の有無であって過失割合というわけではないのです。その上、最終的に明確にされた事故の過失者が警察からはっきりする事はケースは全くありません。よって、どちらに何割過失があるのかは事故にあった両者の交渉により明確にされ、この結果が自動車事故の賠償の算定基準と判断されます。この場面で、双方共に任意保険に入っていなかった状況では当事者がじかに調整することしかできません。だけど、当然このやり方では、感情に走った問答になるケースが多いです。これに加えて、互いの意見に相違があれば最悪、係争にはまり込む、貴重な時間とコストかなりのマイナスを避ける事ができません。ですからほとんど事故に関わってしまったそれぞれの当事者に付随する保険会社、そういった各々の自動車の保険屋さんにやり取りを全て任せる手立てを使って、相当な「過失割合」を丁寧に決定させるのです。この場合には自動車保険の会社は、それまでに起こった事故の裁判によって導きだされた裁定から計算した認められた基準、判例集を参考に、推測と協議によって過失の割合を決定します。とは言っても自動車事故では巻き込まれたのか原因となってしまったのかに関わらず第1に110番するのが重要です。その後で保険の会社にやり取りをしてこれからの調整をお願いするのが順番になります。この仕組みさえ把握していれば、両者の無駄な交渉となる場合を未然に防止できるに違いないのです。